12月アクラス研修「日本語学習を仕掛けよう!~「日本語学習を仕掛けよう!~つながりが促す参加する学習」(トムソン千尋木下)

 

12月のアクラス研修のお知らせです。講師は、ちょうどその時期日本にご帰国予定のトムソン千尋木下さん、タイトルは「日本語学習を仕掛けよう!~つながりが促す参加する学習」です。どうぞご参加ください。 Continue reading »

日本語プロフィシェンシー研究会「学会昇格記念シンポ」(10月1日)

「日本語プロフィシェンシー研究会」が10月1日に実施する「学会昇格記念シンポジウム」の詳細をお知らせいたします。どうぞご参加ください。 Continue reading »

科研費基盤研究「JOPTの拡充と普及」に関する研究集会(12月10日)

皆さま

今年3月には、JOPT主催のシンポジウムが延期となり、大変失礼いたしました。4月には再度科研が採択されましたので、「JOPTの拡充と普及」ということで今後4年をかけて完成・普及にもっていくことを目指します。 Continue reading »

日本語教育学会秋季大会「特別プログラム」のお知らせ(11月25日:新潟朱鷺メッセ)

公益社団法人 日本語教育学会の秋季大会は、今年度より11月に実施となります。

(長い間、10月実施でしたが、これからは11月下旬となります) Continue reading »

クラウドファンディングご協力のお願い:リズキ作:絵本『きょうから がいこくで くらすことになった』

以前、「絵本『きょうから がいこくで くらすことになった』~日本での生活『ドラえもんの世界』とは違ったけれど」という記事で、絵本と作者のリズキさんについてご紹介しました。http://www.acras.jp/?p=7089 Continue reading »

「わたしのおくすり手帳」(多言語版おくすり手帳普及プロジェクト)ができました!

アクラス会員でいらっしゃる「庄野杏子さん」からこんなお知らせが届きました。 Continue reading »

平成30年(2018)年度海外派遣 日本語専門家公募(国際交流基金)のお知らせ

平成30年度の国際交流基金海外派遣専門家の募集が出ました。 Continue reading »

アクラスに「春の歌『あけゆくや』」のプレゼント:4月研修講師の迫田久美子さんより

4月のアクラス研修の講師は、迫田久美子さんでした。

アクラス研修のお知らせ   ➡ http://www.acras.jp/?p=6473

アクラス研修の報告レポート ➡  http://www.acras.jp/?p=6743 Continue reading »

6月アクラス研修「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策~日本語教師の専門性の視点から考える~」(講師:岡本能里子)

6月のアクラス研修のお知らせです。今、留学生の急増や出身国・地域の大きな変化、介護分野での技能実習制度導入による日本語教育など、さまざまな課題が議論されています。また、昨年11月には超党派による「日本語教育推進議員連盟」が誕生し、基本法を作るため、多方面からヒアリングが行われています。そうした中、日本語教師として全体の動きを知り、「自分たちは何をすべきなのか・何をすることができるのか」について考えていくことは、非常に重要です。そこで、次回は、日本言語政策学会副会長の岡本能里子さんに「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策~日本語教師の専門性の視点から考える~」というテーマで、お話しいただきます。詳しくは「お知らせ」をご覧ください。

 

6月アクラス研修のお知らせ ➡ アクラス研修2017.6「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策」

  ♪     ♪     ♪

■日時: 2017年6月23日(金) 18時30分~20時30分

■講師: 岡本 能里子(東京国際大学教授)

■テーマ:「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策

~日本語教師の専門性の視点から考える~

 

■講師からのメッセージ

少子高齢化に伴い日本を支える人々が不足するという日本社会の現実があります。そのような状況の中、義務教育では正規科目として外国語して日本語を教える「特別の教育課程」のスタート、介護分野の技能実習生の受入れ、震災や観光客に対する「やさしい日本語」の普及、日本の安全保障を担う意味での海外での日本文化や日本語の普及など、省庁や党派を越えた日本語教育推進の動きが出て来ました。国語教師とは異なる日本語教師の専門性を明確にする上で、これらの政策の意義や課題、更にどのような政策が必要なのかをみなで考えてみたいと思います。

 

日本を紹介する「多言語発信動画サイト」

最近では、いろいろな多言語対応の日本・日本語に関する動画が増えました。今日は、その中からご紹介いただいた2つのサイトを取り上げたいと思います。

                                                                       ・

Ⅰ.東京外国語大学「多言語発信動画サイト:TUFS Beautiful Japan」

東外大の留学生とゼミの学生たちで運営する多言語日本発信動画のサイト『TUFS Beautiful Japan』は、東京外大の望月圭子教授よりご紹介いただきました。望月氏からいただいたメールにある説明を記させていただきます。

     ★   ★   ★

実は、昨日発表※させていただいた、英語・中国語・日本語学習者コーパスチームのリーダー院生たちが、同時に東外大多言語日本発信実行委員会を組織しており、製作をしています。

※3月10日に国立国語研究所主催「学習者コーパスに基づく第二言語としての日本語の習得研究

第二回学習者コーパス・ワークショップ」パネルディスカッション:望月圭子「多様な外国語学習者の言語使用特性

~日本語・英語・中国語学習者の時間・空間に関わる誤用比較~

https://www.youtube.com/channel/UCBukQ4wCI0dFKryEq58982w

 

お勧め動画を2つだけあげると、

1)上田電鉄別所線廃線の危機を救うために定年退職された名誉駅長がハーモニカを吹いて乗客と童謡を歌う名物ハーモニカ駅長の中国からの大学院生(もちろん中国語コーパスタグ付けメンバー)紹介動画です。

日本語・英語バイリンガル版

https://www.youtube.com/watch?v=qW3f3KvSiIA&t=3s

2)

 調布市の深大寺は、ジブリの世界に迷い込んだような、心癒されるパワースポット、「ぜひ多くの人に知ってもらいたい」と考え、紹介動画を作りました。

 
この動画は、東京外国語大学に留学した台湾大学の留学生が日本人学生とともに紹介する日本語・繁体字中国語バイリンガル字幕付き
「縁結びのパワースポット 深大寺」です。
 アメリカ人・イギリス人留学生が紹介する深大寺(英語・日本語版)も製作中です。
完成したら、またご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=DJzdpnza_bE

 

 

Ⅱ.首都大学東京「東京言語景観」

もう1つ首都大学東京が作成した「東京の言語景観」についてもご紹介したいと思います。以前首都大学東京の西郡教授よりご紹介をいただき、いろいろ拝見したことがあります。多言語対応であり、いろいろな使い方ができるのではないでしょうか。サイトにある紹介文を記します。

(c) Tokyo Metropolitan University このサイトのビデオは、「言語景観」について

概説するとともに、東京の2014年の言語景観の状況の一部を紹介しています。2020年

東京オリンピック・パラリンピックでの多言語対応についてのコメントは

「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」のご協力を得ました。

記して感謝します。(2014年11月,西郡仁朗)

制作 西郡 仁朗(首都大学東京) 磯野英治(名古屋商科大学) (c) 首都大学東京

 http://nihongo.hum.tmu.ac.jp/mic-j/linguistic_landscapes/index.html