シンポ「日本語OPIが切り拓く新たな日本の社会」(OPIワークショップ日本開催30周年・アルク創立50周年記念シンポ:2019.4.7)

4月7日(日)に、アルク主催「日本語OPIが切り拓く新たな日本の社会」というテーマでシンポジウムを行います。 Continue reading »

第4回「できる日本語」シンポジウムのお知らせ(3月21日)

毎年春分の日に浜松日本語学院にて実施している「できる日本語」シンポジウムを、今年も3月21日に実施致します。パネル全体のテーマは、次のとおりです。

『できる日本語』で「成長し続ける教師」をめざす

    ~より大きな『学びの共同体』の中で~

昨年は、3つの学校の先生方に登壇していただき、「もっと知ろう!『できる日本語』というパネルディスカッションを行いました。

今年は、「実践共有から生まれる『わくわく授業』』というテーマで、5つの学校の先生方にご登壇いただき、パネルディスカッションを行います。最後に会場の皆さんとの「対話タイム」を取って、いろいろ話し合いをしたいと思います。また、終了後懇親会も予定されていますので、どうぞご参加ください。昨年も、全国各地からご参加いただき、特に懇親会では、実践や「これからの日本語教育」についての意見交換で大いに盛り上がりました。

お知らせ ➡  2019シンポジウムチラシ

お申込み ➡ nihongogakuinevent@gmail.com

                            

 ♪   ♪  プログラム   ♪   ♪ 

【特別講演会】

嶋田和子(アクラス日本語教育研究所)

教師の成長を促す『できる日本語』

                       ・

パネルディスカッション】

<コーディネーター>

嶋田和子(アクラス日本語教育研究所)

 

<パネリスト>

古賀さと子(福岡国際学院)

「文型中心授業」からの脱出を目指して

吉村勇祐(沼津日本語学院)

「思い込み」からの解放による教師の成長

進士真也(浜松日本語学院)

実践の内省と教師間の対話から気づいたこと

高橋道恵(千葉科学大学留学生別科)

『できる日本語』で地域と繋がる

針山摂子(浜松外国人学習支援センター)

『できる日本語』と出会って、U-ToCが変わったこと

浜日シンポチラシ2019.3.21

 

12月アクラス研修(講師:笈川幸司さん)の報告記事(レポーター:寺浦久仁香さん)

12月2日(日)に、アクラス研修がありました。中国で大活躍の笈川幸司さん、タイトルは、「『つかみ、くすぐり、おち』は、プロレベルを求めなければ誰でもできるはず!!」です。 Continue reading »

日本語教師【初任】(就労者、難民等、海外)に関する意見募集!(文化審議会国語分科会)

文化審議会国語分科会日本語教育小委員会は,「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(二次報告案)」の日本語教師【初任】(活動分野:就労者,難民等,海外)に関する意見募集しています。 Continue reading »

12月アクラス研修「『つかみ、くすぐり、おち』は、プロレベルを求めなければ誰でもできるはず!!」(講師:笈川幸司さん)

12月アクラス研修のお知らせです。今回は、中国で日本語教育に携わっていらっしゃる笈川幸司さんです。 Continue reading »

10月アクラス研修のお知らせ「コーパスからのデータを授業に生かす!『日本語教育のための文法コロケーションハンドブック』活用術」(講師:中俣尚己)

10月のアクラス研修のお知らせです。より良い授業をめざして、『日本語教育のための文法コロケーションハンドブック』の効果的な使い方について話していただきます。 Continue reading »

「中国で日本語教師を!」、中国で活躍する笈川さんからの情報

本日、中国をベースに、日本語教育分野で世界を駆けめぐり活動なさっている笈川幸司さんから、以下のようなお知らせが届きました。 Continue reading »

8月アクラス研修「介護の日本語ー日本語教師が教えられること」(三橋麻子・丸山真貴子)

8月アクラス研修のお知らせです。これまでにも2回ほど介護の日本語教育に関する研修をしてきましたが、今年また取り上げることとしました。それは、技能実習制度に介護分野が加わったこと、留学生が介護分野で活躍する道が広がっていること等、さまざまな理由があります。 Continue reading »

6月アクラス研修「音声教育ができるだけでは、教師として成立しないよね」(講師:河野俊之)

6月のアクラス研修は、音声教育を取り上げます。講師は河野俊之さん、テーマは「音声教育ができるだけでは、教師として成立しないよね」です。講師からのメッセージを、どうぞご覧ください。

 

6月アクラス研修のお知らせ ➡ アクラス研修2018.6.15 

 

■日時  2018年6月15日(金)18時30分~20時30分

■講師  河野俊之さん(横浜国立大学教育学部教授)

■テーマ 「音声教育ができるだけでは、教師として成立しないよね」

♪   ♪   ♪

 

講師からのメッセージ

音声教育ができるだけでは日本語教師として成立しません。1コマ全部を音声教育に充てることは考えにくいでしょう。

 一方で,音声教育が苦手という教師が多いのも事実です。さらに,発音が苦手でなかなか上達しない学習者に対して「耳が悪い」「勘が悪い」などと陰で言う教師もいるようです。しかし,そこでは,教師が,知識を伝達したり,モデルを示したりするしかできていないということがありえます。それを超えるためには,学習者の学びに寄り添い支援することが重要です。これは,音声教育に限らず,日本語教育一般に言えます。

 講師が現在,音声教育について,考え,実践していることを紹介しながら,音声教育,そして,日本語教師の能力向上について考えていきましょう。

2月アクラス研修の報告レポート「穴埋め俳句による留学生と日本人との協働学習~俳句には日本文化が詰まってる~

2月アクラス研修「穴埋め俳句による留学生と日本人との協働学習~俳句には日本文化が詰まってる~」の報告記事です。今回は、千葉国際学院の中村香理さんがレポーターを務めてくださいました。どうぞご覧ください。 Continue reading »