アクラスに「春の歌『あけゆくや』」のプレゼント:4月研修講師の迫田久美子さんより

4月のアクラス研修の講師は、迫田久美子さんでした。

アクラス研修のお知らせ   ➡ http://www.acras.jp/?p=6473

アクラス研修の報告レポート ➡  http://www.acras.jp/?p=6743

  ・

迫田さんは、2012年3月まで広島大学教授を務めていらっしゃいましたが、2012年4月から国立国語研究所に移られ、2016年3月に国研講師の迫田久美子さんを辞められました。退職と同時に広島に戻られ、「ちょっと時間ができたから、高校時代から大好きだった書道を極めたいの」と、書道に力を注いでいらっしゃいました。

 

しかし、世の中は、有能で人間力あふれる迫田さんに、「のんびりした時間」など与えてくれませんでした。2017年4月からは、広島大学で学長特命補佐、特任教授として毎日お仕事に励んでいらっしゃいます。

そんな中実施してくださったアクラス研修(4月19日)でしたが、たくさんの広島のお菓子とともに「素晴らしいお土産」を持ってきてくださったのです。それは、太田水穂が詠んだ春の歌「あけゆくや」を書いた迫田さんの書でした。迫田さんの書の素晴らしさは、これまで頂いたお葉書などでよ~~く知っていた私は、「ぜひアクラスに迫田さんの書を飾りたいので、1枚下さらない?」とずっと前からお願いしていました。でも、超のつく忙しさの中、まだ書は届いていませんでした。そこで、「今度のアクラス研修の時に持ってきていただけたら、最高!」などと、友達の誼で無理を言ってしまったのです。

 

さらに研修の数日後、「書の作品の読み方と解説コメント」が届きました。その解説コメントがなんとも素敵で、ぜひぜひ皆さまにご紹介したいと考えました。また、実物はアクラスに飾ってありますので、どうぞ見にいらしてください。

 

「あけゆくや」

「あけゆくや」

 

 

書の作品の読み方と解説コメント

書の作品の読み方と解説コメント

 

6月アクラス研修「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策~日本語教師の専門性の視点から考える~」(講師:岡本能里子)

6月のアクラス研修のお知らせです。今、留学生の急増や出身国・地域の大きな変化、介護分野での技能実習制度導入による日本語教育など、さまざまな課題が議論されています。また、昨年11月には超党派による「日本語教育推進議員連盟」が誕生し、基本法を作るため、多方面からヒアリングが行われています。そうした中、日本語教師として全体の動きを知り、「自分たちは何をすべきなのか・何をすることができるのか」について考えていくことは、非常に重要です。そこで、次回は、日本言語政策学会副会長の岡本能里子さんに「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策~日本語教師の専門性の視点から考える~」というテーマで、お話しいただきます。詳しくは「お知らせ」をご覧ください。

 

6月アクラス研修のお知らせ ➡ アクラス研修2017.6「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策」

  ♪     ♪     ♪

■日時: 2017年6月23日(金) 18時30分~20時30分

■講師: 岡本 能里子(東京国際大学教授)

■テーマ:「日本語教師が知っておきたい日本語教育政策

~日本語教師の専門性の視点から考える~

 

■講師からのメッセージ

少子高齢化に伴い日本を支える人々が不足するという日本社会の現実があります。そのような状況の中、義務教育では正規科目として外国語して日本語を教える「特別の教育課程」のスタート、介護分野の技能実習生の受入れ、震災や観光客に対する「やさしい日本語」の普及、日本の安全保障を担う意味での海外での日本文化や日本語の普及など、省庁や党派を越えた日本語教育推進の動きが出て来ました。国語教師とは異なる日本語教師の専門性を明確にする上で、これらの政策の意義や課題、更にどのような政策が必要なのかをみなで考えてみたいと思います。

 

日本を紹介する「多言語発信動画サイト」

最近では、いろいろな多言語対応の日本・日本語に関する動画が増えました。今日は、その中からご紹介いただいた2つのサイトを取り上げたいと思います。

                                                                       ・

Ⅰ.東京外国語大学「多言語発信動画サイト:TUFS Beautiful Japan」

東外大の留学生とゼミの学生たちで運営する多言語日本発信動画のサイト『TUFS Beautiful Japan』は、東京外大の望月圭子教授よりご紹介いただきました。望月氏からいただいたメールにある説明を記させていただきます。

     ★   ★   ★

実は、昨日発表※させていただいた、英語・中国語・日本語学習者コーパスチームのリーダー院生たちが、同時に東外大多言語日本発信実行委員会を組織しており、製作をしています。

※3月10日に国立国語研究所主催「学習者コーパスに基づく第二言語としての日本語の習得研究

第二回学習者コーパス・ワークショップ」パネルディスカッション:望月圭子「多様な外国語学習者の言語使用特性

~日本語・英語・中国語学習者の時間・空間に関わる誤用比較~

https://www.youtube.com/channel/UCBukQ4wCI0dFKryEq58982w

 

お勧め動画を2つだけあげると、

1)上田電鉄別所線廃線の危機を救うために定年退職された名誉駅長がハーモニカを吹いて乗客と童謡を歌う名物ハーモニカ駅長の中国からの大学院生(もちろん中国語コーパスタグ付けメンバー)紹介動画です。

日本語・英語バイリンガル版

https://www.youtube.com/watch?v=qW3f3KvSiIA&t=3s

2)

 調布市の深大寺は、ジブリの世界に迷い込んだような、心癒されるパワースポット、「ぜひ多くの人に知ってもらいたい」と考え、紹介動画を作りました。

 
この動画は、東京外国語大学に留学した台湾大学の留学生が日本人学生とともに紹介する日本語・繁体字中国語バイリンガル字幕付き
「縁結びのパワースポット 深大寺」です。
 アメリカ人・イギリス人留学生が紹介する深大寺(英語・日本語版)も製作中です。
完成したら、またご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=DJzdpnza_bE

 

 

Ⅱ.首都大学東京「東京言語景観」

もう1つ首都大学東京が作成した「東京の言語景観」についてもご紹介したいと思います。以前首都大学東京の西郡教授よりご紹介をいただき、いろいろ拝見したことがあります。多言語対応であり、いろいろな使い方ができるのではないでしょうか。サイトにある紹介文を記します。

(c) Tokyo Metropolitan University このサイトのビデオは、「言語景観」について

概説するとともに、東京の2014年の言語景観の状況の一部を紹介しています。2020年

東京オリンピック・パラリンピックでの多言語対応についてのコメントは

「東京都オリンピック・パラリンピック準備局」のご協力を得ました。

記して感謝します。(2014年11月,西郡仁朗)

制作 西郡 仁朗(首都大学東京) 磯野英治(名古屋商科大学) (c) 首都大学東京

 http://nihongo.hum.tmu.ac.jp/mic-j/linguistic_landscapes/index.html

「日本語教育推進議員連盟」誕生~「これまでの活動」を振り返って~

2月24日、公益社団法人日本語教育学会のホームページに、社会啓発委員会より「日本語教育推進議員連盟」(以下「日本語議連」と称します)の動きに関する情報が掲載されました。ぜひお読みください。今こそ、みんなで力を合わせ、オールジャパンで「日本語教育推進基本法」の実現に向けて考え、行動していく時だと思います。 Continue reading »

JALP春季合宿(3.25~26)のお知らせ「生、生、生で迫る日本語教育」

JALP(日本語プロフィシェンシー研究会)の春季合宿に関するお知らせです。今年は、基調講演をやめ、全員参加型のワークショップの時間を大切にしたいと考えました。 Continue reading »

お知らせ:日本語教育研究・実践のための3つのイベント(国立国語研究所)

国立国語研究所から【日本語教育研究・実践のための三つのイベント】のお知らせをいただきました。
詳細をご覧いただき、興味のあるものに関して、実施日時・場所がうまく合えば、ぜひご参加ください。 Continue reading »

2月アクラス研修<著者との対話『あなたにもできる外国人へのこころの支援』(著者:阿部裕)

2017年2月のアクラス研修は<著者との対話>です。

今回取り上げる著書は『あなたにもできる 外国人へのこころの支援』です。 Continue reading »

OJAD(オンライン日本語アクセント辞書)をよりよく理解するために~講習会報告をもとに(2016.11.19実施)~

11月19日(土)に東京大学にて、OJAD講習会が開催されました。当初80名の定員予定だったのですが、あまりにも参加希望者が多く、急遽枠を広げての実施。なんと130名を超す参加者があったそうです。 Continue reading »

文化審議会より意見募集!(10.24~10.30)<日本語教育にも言及されています>

10月24日(月)、文化庁文化審議会文化政策部会

文化芸術立国の実現に向けた総合的取組の推進へ(仮題)(答申(素案))」

に関する意見募集が始まりました。 Continue reading »

「浜松版地域日本語教師養成講座」が始まります!

(公財)浜松国際交流協会(HICE)主催の「地域日本語教師養成講座」が始まります。専門家としての「地域日本語教師」の重要性は高まっていますが、まだまだシステムとして確立していません。「どういう力が求められるのか」について時間をかけて議論しながら、カリキュラムを作り上げていきました。 Continue reading »