「イーストウエスト日本語学校 落語鑑賞会」実施!~教師で力を合わせて、万全の対策で臨む~

東中野にあるイーストウエスト日本語学校では、毎年冬になると、学内落語鑑賞会を実施します。コロナ禍の今年はどうするべきか、教務で何度も話し合い、会場とのやり取りを経て、1月28日、無事実施することができました。 Continue reading »

「住みよい日本社会」をつくるために、「知ること」から始めませんか ~『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』 より~

12月12日に「『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』に込めた思い」というタイトルで、アクラスに記事を書きました。そこには、次のように記しました。 Continue reading »

俳句を通した日台の交流活動~イーストウエスト日本語学校の俳句コンテストを通して~

2020年度のイーストウエスト日本語学校の俳句コンテストの結果が発表になりました。選句にご協力くださった皆さま、心より感謝いたします。 Continue reading »

寺子屋だより「第6回ZOOM寺子屋「言語教育から民主的シティズンシップ教育へ~『10代からの批判的思考』を書いたわけ」

12月8日(火)に、第6回アクラスZOOM寺子屋を実施しました。講師は、琉球大学の名嶋義直さん、タイトルは「言語教育から民主的シティズンシップ教育へ~『10代からの批判的思考』を書いたわけ」です。 Continue reading »

『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』に込めた思い

12月12日に、「外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!」が出版されました。 Continue reading »

寺子屋だより:第5回アクラスZOOM寺子屋「難民の日本語教室・活動から得たこと~社会参加としての言語教育~」(松尾慎さん:2020.10.20)

10月20日(火)に、第5回アクラスZOOM寺子屋を実施しました。講師は松尾慎さん(東京女子大学教授、Villa Education Center)、タイトルは「難民の日本語教室・活動から得たこと~社会参加としての言語教育~」です。 Continue reading »

「日韓すくすく子ども教室」が蒔いたタネ ~新聞への投書、調べ学習、そして留学生との交流授業~

8月18日、アクラスZOOM寺子屋特別編として「日韓すくすく子ども教室」を実施しました。なぜスタートしたのか、どのように作り上げていったのか、そして当日どんな交流をしたのかについては、以下の記事に書きましたので、そちらをご覧ください。 Continue reading »

凡人社オンライン日本語サロン研修会「OPIで、教師力アップをめざす~『OPIによる会話能力の評価』を中心に~」(2020.10.10)

アルク主催の「OPIのワークショップ」の2020年度の開催予定がまだ立っていないとのことです。 Continue reading »

寺子屋だより「特別版:アクラスZOOM寺子屋<日韓すくすく子ども教室第1回>(2020.8.18実施)

8月18日(火)は、待ちに待った「日韓すくすく子ども教室」の日でした。みんなZOOMの前で、今か今かと待ち望んでいたイベントでした。 Continue reading »

海外だより<コロナ禍に向き合う>第13回「英国中等教育スピーチコンテスト」を通して」(穴井宰子さん:2020.7作成)

 

海外だより<コロナ禍に向き合う>第13回

「英国中等教育スピーチコンテスト を通して」

    2020年7月 穴井宰子さん Continue reading »