Monthly Archives: 12月 2017

留学生の句会 ―伝える思い 初めての日本の秋―(作成:森節子)

今日、イーストウエスト日本語学校で教える森節子さんから、俳句授業に関する記事が届きました。森さんは、毎年ご自身がわくわくしながら、俳句授業をしていらっしゃいます。「一度、俳句の授業レポートを書いてくださいませんか」とお願いしたところ、あるクラスの授業レポートを書いてくださいました。どうぞご覧ください。 Continue reading »

ベトナム出身のEPA看護師候補生「イエンさん」と、徳島で再会~ずっと日本の病院で働きたい!~

ベトナム出身のグエン ティ ホン イエンさん(以下、イエンさん)は、今年9月2日にAOTS(元HIDA)が実施した「第6回看護・介護に関わる外国人のためのスピーチコンテスト」に参加しました。「ヤットサー、ヤットヤット」で始まる阿波踊りのかけ声に出てくる「笹山」を取り上げ、「病院は一つの家族。患者さんは一人じゃない。笹山だよ。笹はとても丈夫で、年を取っても転ばないね」というイエンさんのスピーチは、とても温かく心に響きました。そして、職場に、地域社会に溶け込んでいる様子がよくわかるスピーチでした。 Continue reading »

2月のアクラス研修「穴埋め俳句による留学生と日本人の協働学習~俳句には日本文化が詰まっている」(菅長理恵さん)

2018年2月のアクラス研修に関するお知らせです。次回は俳句について取り上げます。 Continue reading »