108期OPIワークショップ終了 & 『OPIによる会話能力の評価』出版のお知らせ

108期のACTFL-OPIワークショップは、12月22日(日)~25日(水)の4日間行われました。 Continue reading »

イーストウエスト日本語学校「俳句コンテスト」結果発表!

11月に、イーストウエスト日本語学校の「俳句コンテスト」の選句をお願いしました。 Continue reading »

2020年「できる日本語講演会」:「漢字の『わくわく授業』をめざして(2020.3.20)

毎年、浜松日本語学院では、『できる日本語』に関する講演会・シンポジウムを実施しています。4回目となる今年は以下の内容で行ないます。 Continue reading »

10月アクラス研修の報告レポート「学習者の作文評価を考える―コンピュータによる作文評価の可能性」(講師:李在鎬さん、レポーター:高橋信之さん)

10月のアクラス研修「学習者の作文評価を考えるーコンピュータによる作文評価の可能性ー」の報告レポートです。 Continue reading »

文化庁「日本語教師の国家資格化」に向けてのパブリックコメント、開始!(2019.12.13まで)

11月8日(金)の国語分科会において「日本語教育能力の判定に関する報告(案)」が取りまとめられ、パブコメが開始となりました。ぜひみんなで意見を出していきましょう。 Continue reading »

11月5日は「日本語の日(二本+五)」! ~新宿日本語学校「にほんごの日」を登録!~

新宿日本語学校の江副校長は、新しいことを発見、発明するのが大好きなアイディアマンで、いつも目をキラキラ輝かせて新しいことを考えていらっしゃる先生です。今日は、その新宿日本語学校の「第2回学内研究発表会」にお邪魔しました。講演、ポスター発表、口頭発表に加えて、なんと「にほんごの日」記念日登録授与式が行われました。そのアイディア、「日本語の日」を作ることへの情熱に感動! ちょっと「にほんごの日」、そして「学内研究発表会」についてお伝えしたいと思います。 Continue reading »

鹿沼市「にほんごFC」の「つながり」重視の活動 ~帰国した技能実習生と協働で、日本の文具を少数民族に……~

 

10月25日、栃木県国際交流協会主催の「日本語ボランティア情報交換会」がありました。午前中は、「ボランティア日本語教室の事例発表」、そして午後は、「学びたくなる教室をめざして」というタイトルでワークショップを実施しました。 Continue reading »

法務省、『やさしい日本語版 生活・仕事ガイドブック』を公開!(2019.10.25)

法務省が定住外国人のために作成している「外国人のための仕事・就労ガイドブック」の改訂版が、10月25日、公開されました。 Continue reading »

日本語学校が一丸となって日本語教育に取り組むべき時が来た! ~シンポ「推進法施行への期待~日本語学校の役割と今後の可能性」に参加して~

10月21日、市ヶ谷のアルカディアにて、「日本語教育推進法に期待する関係者の集い」が開かれました。日本語学校の理事長や校長をはじめ、数多くの方々が参加した集いは、200名を超しました。 Continue reading »

ある研修会での「漢字教育士」との出会い~漢字で「人がつながる活動をしたい」と語る中村さん~

9月25日は、兵庫県国際交流協会主催「日本語教師のための地域日本語教育研修」がありました。そこで、私に与えられたテーマは「『生活者としての外国人』への日本語教育にチャレンジ!~留学生教育と何が違うのか~」でした。 Continue reading »