今後のOPIワークショップについて

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 ・

「2020年度のOPIワークショップの実施はいつですか」というお問合せをたくさんいただいています。毎年夏と冬には実施しているのですが、今年度はまだ予定が立っておりません。状況について、少しご説明したいと思います。
一つには、ACTFLとアルクで、今後のやり方などについて昨年末から話し合いを進めていましたが、コロナ禍により両者の話し合いが中断されています。そのため、アルクとしても例年通り実施したいと考えていても、動けない状況です。
また、ACTFLは、コロナ禍の中で、今後どのような状況でも安定的にワークショップが出来ることを模索し、最近「ZOOMを使ったワークショップ実施」について検討を始めました。まだ詳細は知らされていませんが、オンラインの活用といった形式面だけではなく、さまざまな点で変更が加えられることが予想されます。
本来、2020年度は、複数の新しいトレーナー候補の方々と一緒にワークショップを実施し、さらにOPIを活性化させることを考えておりましたが、コロナ禍ですべてのことがストップしてしまっている状態です。

どうぞ事情をご理解いただきたくお願い申しあげます。

なお、これまで使っていた「トレーナー」という名称は、最近、「ファシリテーター」という名前に変更されました(ACTFLからの同報メールで知るところとなりました)。
以上簡単ですが、OPIワークショップに関する情報をお伝えいたしました。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

日本語OPIファシリテーター(旧:トレーナー)鎌田 修

                       嶋田 和子(文責)

 

PDF → OPIに関心を持ってくださっている皆様へ

 

 

 

ソウルの日本語教室での活動 ~日本語・日本の文化を楽しみながら学ぶことの大切さ~(報告者:阿部由美子さん)

私は、昨年8月ソウルで4日間のOPIワークショップを実施しました。当時、日韓関係があまりよくない時期であり、何人もの方々から「こんな時期に長く韓国に行っても大丈夫なのですか」「本当にいらっしゃるのですか」という言葉をいただきました。私の中に「心配」という言葉はありませんでした。 Continue reading »

海外だより<コロナ禍に向き合う>第11回「メキシコの現場から」(長尾和子さん:2020.7.9)

海外だより<コロナ禍に向き合う>第11回

「メキシコの現場から」長尾和子さん(2020.7.9) Continue reading »

明治大学山脇ゼミ主催「中野区長&外国人住民『コロナから考える緊急時の外国人住民への対応』

山脇ゼミが中野区長と外国人住民の懇談会を初めて開いたのは2014年12月、今回で6回目となります。昨年は、明治大学にて行われましたが、今年はコロナ禍により、急遽オンラインでの実施となりました。 Continue reading »

2021年度国際交流基金海外派遣専門家の募集、スタートしました

2021年度の国際交流基金海外派遣専門家の募集が始まりました。 Continue reading »

海外だより<コロナ禍に向き合う>第9回「アメリカ(ニュージャージー州)の現場から」(佐藤慎司さん:2020.6.22)

 

「アメリカ(ニュージャージー州)の現場から】

        佐藤慎司さん(2020年6月22日) Continue reading »

海外だより<コロナ禍に向き合う>第8回「韓国の現場から」(迫田亜希子さん:2020.6.21))

 

海外だより<新型コロナ禍に向き合う>第8

  「韓国の現場から」迫田亜希子さん(2020.6.21) Continue reading »

海外だより<コロナ禍に向き合う>第7回「スイス・チューリッヒの現場から」(メルキ・能子さん:6月13日)

海外だより<新型コロナ禍に向き合う>第7回

  「スイス・チューリッヒの現場から」メルキ能子さん(2020.6.13) Continue reading »

活気ある「多文化共生社会」をめざす!~日本語教育の視点から~(同窓会「会報」に寄稿)

東京都立西高校の「会報担当」の方から、次のようなメールが届いたのは、昨年秋のことでした。 Continue reading »

第3回アクラスZOOM寺子屋「海外にルーツを持つ子ども支援の現状と課題~共生社会に向け、今私たちがすべきことは」(田中宝紀さん:2020.6.24)

第3回アクラスZOOM寺子屋のお知らせです。 Continue reading »