『できる日本語』は、今日で10歳です!

『できる日本語初級』は、2011年4月7日に誕生しました。今日で10歳となります。 Continue reading »

寺子屋だより「日韓すくすく子ども教室第2回」開催レポート(2021.3.27)

昨年8月18日に、第1回日韓すくすく子ども教室を実施しました。 Continue reading »

コロナ禍の日本語学校の1年を振り返る ~学習者に寄り添い、さまざまな人々との対話を重ねた365日~

突然やってきたwithコロナ時代、それぞれの教育機関は戸惑い、悩み、模索し続けました。 Continue reading »

3.11の夜、地域住民から温かいサポートを受けた高校生たち(タイ&韓国)~イーストウエスト日本語学校の事例から~

東日本大震災は大きな被害をもたらし、10年経った今なお、大変な生活を強いられている方もいらっしゃいます。 Continue reading »

留学生との川柳を通した交流~俳句から川柳へ~

 

コロナ禍で、自宅で仕事をすることが多い毎日ですが、そんな中、上級クラスの学生さん達と、川柳を軸にして楽しい「対話」を重ねることができました。ちょっとご紹介したいと思います。 Continue reading »

「住みよい日本社会」をつくるために、「知ること」から始めませんか ~『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』 より~

12月12日に「『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』に込めた思い」というタイトルで、アクラスに記事を書きました。そこには、次のように記しました。 Continue reading »

第7回ZOOM寺子屋のお知らせ:ワークショップ&対話を愉しむ「言語教育から民主的シティズンシップ教育へ(名嶋義直氏)(第6回の続編)

皆さま

第7回ZOOM寺子屋のお知らせです。 Continue reading »

俳句を通した日台の交流活動~イーストウエスト日本語学校の俳句コンテストを通して~

2020年度のイーストウエスト日本語学校の俳句コンテストの結果が発表になりました。選句にご協力くださった皆さま、心より感謝いたします。 Continue reading »

寺子屋だより「第6回ZOOM寺子屋「言語教育から民主的シティズンシップ教育へ~『10代からの批判的思考』を書いたわけ」

12月8日(火)に、第6回アクラスZOOM寺子屋を実施しました。講師は、琉球大学の名嶋義直さん、タイトルは「言語教育から民主的シティズンシップ教育へ~『10代からの批判的思考』を書いたわけ」です。 Continue reading »

『外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!』に込めた思い

12月12日に、「外国にルーツを持つ女性たち 彼女たちの「こころの声」を聴こう!」が出版されました。 Continue reading »