栃木県における「やさしい日本語」活動~オリジナルバッジも作りました!~

2月3日(土)、栃木県国際交流協会主催の「日本語ボランティア情報交換会」がありました。この情報交換会は、<講話 & グループワークをとおして一緒に考えましょう!>という構成になっており、さまざまな機関の方々がつながり、主体的に学び合うことをめざして実施されています。私が関わって4回目となりますが、今回のテーマは「発話がはずむ教室づくり~適切な題材と「質問力が」決めて!~」でした。 Continue reading »

第2回「日本語教育オンライン・ワールド・カフェ」のご報告(2018.1.13)

1月13日に、第2回の「日本語教育オンライン・ワールド・カフェ」が行われました。第1回は、昨年6月25日に実施され、主宰者の荻野雅由さんがとても詳しい報告記事を書いてくださっています。ぜひご覧ください。(Zoomそのものについての説明や参考文献なども載っています)。 Continue reading »

地域社会に反響を呼ぶ「冬美さん(中国出身)のスピーチ」(秋田県・能代市)

2017年11月には、

「大好きな和服を着てスピーチをする中国出身の冬美さん

~外国から来るお嫁さんは「人財」!~

   http://www.acras.jp/?p=7533 Continue reading »

「できる日本語ひろば」がスタートしました!(「できる日本語」開発・普及プロジェクト)

これまでアクラスホームページを活用して、『できる日本語』関連の情報を載せてまいりました。このたび、アクラス会員であり、「できる日本語」開発・普及プロジェクトメンバーの寺浦久仁香さんのご尽力により、「できる日本語ひろば」がスタートいたしました。 Continue reading »

12月アクラス研修の報告「日本語学習を仕掛けよう! つながりが促す参加する学習」(講師:トムソンさん)」

12月のアクラス研修の報告レポートです。今回は、森万里子さんが担当してくださいました。とても詳しいレポートになっていますので、PDFもアップすることにいたします。 Continue reading »

絵本『きょうから がいこくで くらすことになった』(リズキ作)が届きました!

9月に「クラウドファンディングのお願い:絵本 リズキ作『きょうから がいこくで くらすことになった」という記事を書きました。 Continue reading »

『できる日本語初級』確認テストの送付開始(2017.12.16)

『できる日本語』を使っていらっしゃる方へのご連絡です。皆さまにお届けできる確認テスト(3課ごと)を準備いたしました。 Continue reading »

留学生の句会 ―伝える思い 初めての日本の秋―(作成:森節子)

今日、イーストウエスト日本語学校で教える森節子さんから、俳句授業に関する記事が届きました。森さんは、毎年ご自身がわくわくしながら、俳句授業をしていらっしゃいます。「一度、俳句の授業レポートを書いてくださいませんか」とお願いしたところ、あるクラスの授業レポートを書いてくださいました。どうぞご覧ください。 Continue reading »

ベトナム出身のEPA看護師候補生「イエンさん」と、徳島で再会~ずっと日本の病院で働きたい!~

ベトナム出身のグエン ティ ホン イエンさん(以下、イエンさん)は、今年9月2日にAOTS(元HIDA)が実施した「第6回看護・介護に関わる外国人のためのスピーチコンテスト」に参加しました。「ヤットサー、ヤットヤット」で始まる阿波踊りのかけ声に出てくる「笹山」を取り上げ、「病院は一つの家族。患者さんは一人じゃない。笹山だよ。笹はとても丈夫で、年を取っても転ばないね」というイエンさんのスピーチは、とても温かく心に響きました。そして、職場に、地域社会に溶け込んでいる様子がよくわかるスピーチでした。 Continue reading »

2月のアクラス研修「穴埋め俳句による留学生と日本人の協働学習~俳句には日本文化が詰まっている」(菅長理恵さん)

2018年2月のアクラス研修に関するお知らせです。次回は俳句について取り上げます。 Continue reading »