留学生の句会 ―伝える思い 初めての日本の秋―(作成:森節子)

今日、イーストウエスト日本語学校で教える森節子さんから、俳句授業に関する記事が届きました。森さんは、毎年ご自身がわくわくしながら、俳句授業をしていらっしゃいます。「一度、俳句の授業レポートを書いてくださいませんか」とお願いしたところ、あるクラスの授業レポートを書いてくださいました。どうぞご覧ください。 Continue reading »

ベトナム出身のEPA看護師候補生「イエンさん」と、徳島で再会~ずっと日本の病院で働きたい!~

ベトナム出身のグエン ティ ホン イエンさん(以下、イエンさん)は、今年9月2日にAOTS(元HIDA)が実施した「第6回看護・介護に関わる外国人のためのスピーチコンテスト」に参加しました。「ヤットサー、ヤットヤット」で始まる阿波踊りのかけ声に出てくる「笹山」を取り上げ、「病院は一つの家族。患者さんは一人じゃない。笹山だよ。笹はとても丈夫で、年を取っても転ばないね」というイエンさんのスピーチは、とても温かく心に響きました。そして、職場に、地域社会に溶け込んでいる様子がよくわかるスピーチでした。 Continue reading »

2月のアクラス研修「穴埋め俳句による留学生と日本人の協働学習~俳句には日本文化が詰まっている」(菅長理恵さん)

2018年2月のアクラス研修に関するお知らせです。次回は俳句について取り上げます。 Continue reading »

視覚障害(全盲)をもつ人々の「つながり」~地域を越え、国を越え……~

今日(11月16日)、二アールさんをお連れして沼津まで出かけました。それは、沼津にある県立高校で英語教師をしていらっしゃる大胡田裕さんにお会いするためでした。大胡田さんにお会いすることになったのは、「あるひと言」がきっかけでした。いくつもの「計画された偶然性」を強く感じた沼津行きでした。 Continue reading »

大好きな和服を着てスピーチをする中国出身の冬美さん~外国から来るお嫁さんは「人財」!~

今日、秋田県能代で「のしろ日本語学習会」を主宰する北川さんから、「冬美さん、秋田ユネスコ協会スピーチコンテストで2位になりました!」というメールが届きました。私は、冬美さんご自身やご主人とのフェイスブックのやり取り、そして北川さんからのメールを通して知った「お三方それぞれの思い」をお伝えしたいと考えました。 Continue reading »

大学生による「多文化共生プレゼンコンテスト」に参加して~発想豊かな大学生のプレゼンに感動!

今日(11月4日)、東京国際フォーラムにて「多文化共生プレゼンコンテスト:多文化共生都市を目指して~大学生が考える東京の未来~」が行われました。 Continue reading »

<『できる日本語』を使っている先生・学校の声③>浜松国際交流協会

浜松国際交流協会でコーディネータを務める鈴木由美恵さんから、<『できる日本語』を使っている先生・学校の声>を頂きました。地域日本語教室からの「声」をお聞きください。 Continue reading »

『できる日本語』を使っている先生・学校の声②~愛和外語学院(福岡)

福岡市にある愛和外語学院の深江新太郎さんから、<『できる日本語』を使っている先生・学校の声>を頂きました。今回は、各課の最後にある【できる!】に関することを書いてくださっています。 Continue reading »

12月アクラス研修「日本語学習を仕掛けよう!~「日本語学習を仕掛けよう!~つながりが促す参加する学習」(トムソン千尋木下)

 

12月のアクラス研修のお知らせです。講師は、ちょうどその時期日本にご帰国予定のトムソン千尋木下さん、タイトルは「日本語学習を仕掛けよう!~つながりが促す参加する学習」です。どうぞご参加ください。 Continue reading »

日本語プロフィシェンシー研究会「学会昇格記念シンポ」(10月1日)

「日本語プロフィシェンシー研究会」が10月1日に実施する「学会昇格記念シンポジウム」の詳細をお知らせいたします。どうぞご参加ください。 Continue reading »