フィンランド出身の囲碁プロ棋士:アンティさん ~タイトル獲得と子供たちへの囲碁普及を夢に~

先日、銀座にあるお蕎麦屋さん「笑笑庵」でフィンランド出身のアンティ・トルマネンさんと奥様の慶穂さんにお会いすることができました。ムーミンの国フィンランドからはるばる日本へ、プロ棋士として活躍したいとやってきたアンティさんにお会いして、これまでのこと、これからの夢などについて語っていただきました。日本・日本文化への深い理解、そして、日本での生活を楽しみながらプロ棋士として活躍していらっしゃるアンティさんのことを、ぜひ皆さまに知っていただきたいと思います。 Continue reading »

大学生による「多文化共生プレゼンコンテスト」に参加して~発想豊かな大学生のプレゼンに感動!

今日(11月4日)、東京国際フォーラムにて「多文化共生プレゼンコンテスト:多文化共生都市を目指して~大学生が考える東京の未来~」が行われました。 Continue reading »

「私だからできること」『むすびめ2000』伊奈垣圭映さんの投稿文を読んで

 

皆さんは、『ちがいがわかる 日本の漢字 中国の漢字』という本をご存知でしょうか。 Continue reading »

絵本『きょうから がいこくで くらすことになった』~日本での生活は『ドラえもん』の世界とは違ったけれど……~

『きょうから がいこくで くらすことになった』という絵本が、6月28日、テレビ静岡で放映されました。これは、インドネシア出身のニズマ・リズキさんが日本での実体験をもとに作った「専門学校の卒業制作作品」です。文章も自分で書き、絵も一つ一つ思いを込めて描いていきました。 Continue reading »

シンポ「日本語の教科書が目指すものー教科書執筆者・活用者と語る」(9月10日)のお知らせ

9月10日(日)に<筑波大学CEGLOC日本語・日本事情遠隔教育拠点シンポジウム>が行われます。「日本語の教科書が目指すもの―教科書執筆者・活用者と語るー」というタイトルで、6種類の教科書について語り合います。 Continue reading »

海外での日本語学習者数<2015年度調査結果>(速報値)が発表になりました!

3年ごとに発表される「海外での日本語学習者数速報値」が11月10日に発表されました。3年前には7月下旬に出ていたので、「いつ出るのだろうか」と、待ちに待った速報値です。 Continue reading »

「東南アジアの中等教育における日本語教育」について考えてみませんか?〈国際交流基金日本語国際センターによる調査報告書)

国際交流基金日本語国際センターより、東南アジア5か国に関する日本語教育に関する調査報告書が出されました。 Continue reading »

会員からのレポート(平井辰也さん):介護福祉士養成コースにおける外国人の在留資格「介護」の取得に関して

アクラス会員の平井辰也さんから貴重なレポートをいただきました。ぜひご覧いただきたいと思います。 Continue reading »

日本語教育学会、厚生労働副大臣に要望書を提出~「技能実習生としての外国人介護人材受け入れ」関連~

2月4日に厚生労働省より「外国人介護人材受け入れの在り方に関する検討会中間まとめ」が公表されてから、いろいろな新聞報道があり、さまざまな角度から議論されてきました。 Continue reading »

JF&NKG主催「看護・介護の日本語教育研修」のお知らせ

国際交流基金(JF)と日本語教育学会(NKG)の共催による「平成24年度看護・介護分野における日本語教育集中研修講座」が以下のような日程で、東京、大阪、広島の3会場で実施されます。

          東京: 6月17日(日)、6月24日(日)、7月1日(日)、7月8日(日)

      大阪:7月7日(土)、7月14日(土)、7月21日(土)、7月28日(土)

     広島: 6月10日(日)、6月17日(日)、6月24日(日)、7月15日(日)

 

今回の目的は次の通りです(受講生募集要項より)。

「EPA(経済連携協定)に基づき来日する外国人看護師および介護福祉士候補者や看護・介護の分野で働く外国人のための日本語教育に従事する質 の高い日本語教師の養成を目的とした集中研修講座を実施します」

http://www.nkg.or.jp/oshirase/2012/NKG1204032kangokaigokouza.pdf