『できる日本語』を初めて手に取った人のための解説ノート:『できる日本語』を使って、<わくわく授業>をめざそう!

『できる日本語』を初めて手に取った人のための解説ノートを作りました。

6課を取り上げて、簡単に説明しています。

・「できる日本語」シリーズとは?

・『できる日本語』は、どんな教科書なのか?

・『できる日本語』で、どんな授業をめざすのか?

・『できる日本語』の構成と進め方

・その他:「文脈化」&「他者への配慮」

どうぞダウンロードしてお使いください。

資料① ➡ ★表紙+14ページ 『できる日本語』研修用2017.10

資料② ➡ 6課スクリプト15ページ(CDの中)

        ※詳しいスクリプトは、本冊についている3枚のCDの中にあります。

          参考までに、説明に使った6課のスクリプトを載せておきます。

さらに詳しい説明は、

『できる日本語』「アドバイス帳」(1)<初級・初中級>

『できる日本語』「アドバイス帳」(2)<初中級のQ&A集>

 

をご覧ください。

「先生に聞きました!『地震の体験談』(『できる日本語中級』5課:アティスの実践報告)

7月のある土曜日のことでした。栃木国際交流協会主催の「日本語ボランティア情報交換会」が終わると、アティス・インターンショナルアカデミーの牧原さんが、「ちょっとお話ししたいことがあるんですが……」と、待っていらっしゃいました。 Continue reading »

『できる日本語』【できる!】実践一覧(イーストウエストでの実践例)

 

『できる日本語』にはそれぞれ行動目標があり、それに向かってゴールとして【できる!】があります。 Continue reading »

初級クラスでの“つながり”のある自律的な学び~『できる日本語初級』6課の実践から

5月下旬のことでした。私は、イーストウエスト日本語学校で教務主任に、こんな相談をしました。 Continue reading »

俳句でつながる日本語学校の留学生~イーストウエスト日本語学校&浜松日本語学院~

イーストウエスト日本語学校では、20年以上前から毎年「校内俳句コンテスト」を実施しています。 Continue reading »

OJAD(オンライン日本語アクセント辞書)をよりよく理解するために~講習会報告をもとに(2016.11.19実施)~

11月19日(土)に東京大学にて、OJAD講習会が開催されました。当初80名の定員予定だったのですが、あまりにも参加希望者が多く、急遽枠を広げての実施。なんと130名を超す参加者があったそうです。 Continue reading »

『アドバイス帳(2)~「初中級」のための<Q&A集>~』作成!

皆さま

『できる日本語』を使ってくださる方が広がっていくにつれ、さらにいろいろなご意見を伺うようになりました。その中に、「初級は使いやすいけれど、初中級は文型が離れていたりして、使い方が難しい」という声がありました。形でまとめるのではなく、その場面・状況に即して、必然性のある文型が学べるようにしているので当然なのですが、やはり初めて手にした方や、「はじめに文型ありき」でやってきた方には難しく見えるということが改めて分かりました。 Continue reading »

留学生、中野区国際交流協会でインタビュー~日本人との交流って、楽しい!~

『できる日本語』シリーズは、「人とつながる」ことをめざして作られました。まずは言語活動があり、そのために語彙や文型を学ぶのですが、そのゴールは、【できる!】です。 Continue reading »

「世代を超えた日本人との交流」で、いきいき授業をめざす!

『できる日本語中級』『できる日本語』では、クラスを担当する教師の間で、「この課では、どんな【できる!】にするのが、このクラスにとって一番いいだろうか」と対話をしながら進めていきます。【できる!】は、その課のゴールなのでとても重要です。 Continue reading »

「女川町のお神輿担ぎボランティア」で多くのことを学んだ留学生

イーストウエスト日本語学校に通う黄元豪さんは、ゴールデンウィークに宮城県女川町にお神輿担ぎのボランティアに出かけました。帰ってきた黄さんは、私にたくさんの写真とともに感想文を渡してくれました。 Continue reading »