イーストウエスト日本語学校、今年もゼロホールでスピコン開催 ~入国できない留学生の「思い」を知ってください!~

イーストウエスト日本語学校では、今年も中野区ゼロホールを借りて、スピーチコンテストを実施しました。半数以上がオンライン授業を受けている学生さんであり、もちろんハイブリッド型でのコンテスト、しかも午前と午後に分けての実施となりました。

 

参考:昨年のスピーチコンテストの報告記事

ホールでのスピーチを聞いて、さらに来日の夢が膨らむ未入国の日本語学校生

~対面とオンラインのハイブリッド型スピーチ大会実施!(2021.9.7)

 http://www.acras.jp/?p=10357

 

昨年は、3月に突然オンライン授業になり、それから半年後に実施した「ハイブリッドによるスピーチコンテスト」だったことから、先生方の準備も大変でしたが、2度目ともなると、皆さん余裕しゃくしゃく。すばらしい連携プレーでの実施でした。

午前部の入賞者4人(オンライン参加が1人います)

午前部の入賞者4人(オンライン参加が1人います)

 

午前のスピーチでは、去年入学した人が多いことから、オンラインでの参加者は、2名でしたが、午後は、2021年4月の入学者がほとんどであり、オンライン参加の学生さんが3分の2を占める結果となりました。「いつコロナが収束するか分からない。いつ入国できるのだろう」と不安を抱えての授業参加。そんな中で、真剣にスピーチを考え、練習し、発表してくれました。

 

午後のオンラインでの参加者の「思い」を少し紹介したいと思います。

 

★ワンさん

今は、日本に行けないので、ラジオ放送で「日本語による日常のおしゃべり」を楽しんでいるそうです。そして、料理が趣味というワンさんは、早く日本に行って日本料理を食べたり、作ったりしたいと語っていました。

午後部の第1位となった「チョウウギさん」です

午後部の第1位となった「チョウウギさん」です

<嶋田からのメッセージ>

ZOOMで授業を受けた後は、ラジオで「生の日本語」に触れているワンさん。

日本に来たら、どんどん地域の交流会やおしゃべり会に参加してください!

 

 

★チンさん

以前、乗鞍に旅行したことがあるチンさんは、まだ、入国することが出来ず、オンラインで勉強をしています。その時の楽しかったことを思い出しながら、日本に入国できたら、今度は、自転車で京都に行って、日本のさまざまなことを「自分の目で見て、自分の足で歩いて、自分の心で感じたい」と熱く語ってくれました。

<嶋田からのメッセージ>

チンさん、「自転車で京都に」とは、すてきな計画ですね。じっくり日本社会、日本文化を味わってください。来日できる日も、きっともうすぐ来ると思います。

 

 

★チョウさん

午後の部で特別賞を取ったジョナスさんのクラスが記念撮影です。

午後の部で特別賞を取ったジョナスさんのクラスが記念撮影です。

中学の時の経験を通して、「諦めなければ、きっといいことがある」と、語ってくれました。コロナ禍で、いつ日本に行けるか分からない状況下でも、明るい希望を持って学び続けています。

<嶋田からのめっせージ>

「諦めない。自分を信じること」という強い意志を持ったチョウさん。日本の専門学校で勉強したいことがありますね。「その夢」のために、がんばりましょう!

 

 

日本が好きで、日本で自分の人生を変えたくて、今か、今か~~~と日本行きを待っている留学生達。長い人は、昨年4月からもう1年半も「未入国の状態」で待たされています。彼らの時間は無限ではないのですが・・・。将来の大切な「人財」が日本留学を諦めてしまう前に、国として、何らかの方法を考えるべきではないでしょうか。そんなことを考えながら、留学生のスピーチを聞いていました。

 

今年は、皆さまに少しでも「コロナ禍の留学生達の思い」を知っていただきたく、入賞したスピーチ原稿をPDFですべて公開することとしました。どうぞご覧ください。

 

午前部で司会をした学生さん達

午前部で司会をした学生さん達

午前部

第1位 「ガッカリからワクワクへ」   アヴドシェンコ ダリア(ロシア)

第1位ダリアさん

第2位 「結婚は夢ですか」       チョウ シュンケツ(台湾)

第2位張竣傑さん

第3位 「料理の力」          リ カ(中国)

第3位李佳さん

特別賞 「私の俳句」

コヴァリョフ エフゲニー(ロシア)

特別賞 エフゲニーさん

 

午後の部で司会をした学生さんたち

午後の部で司会をした学生さんたち

午後部

第1位 「諦めない」          チョウ ウギ(中国)

第1位 聂雨曦さん

第2位 「自転車で京都に行きたい」   チン タンカ(中国)

第2位 陳丹華さん

第3位 「助け合いましょう」      チョウ レイレイ(中国)

第3位 张蕾蕾さん 

特別賞 「こころの金継ぎ」

デヴィソン ジョナス(アメリカ)

特別賞 ジョナスさん

 

 

イーストウエストのスピコンは、クラス代表の発表者だけではなく、クラスの友だちの応援メッセージを大切にしています。去年、今年とコロナ禍ということから、大々的な応援メッセージはできませんが、温かい、個性溢れるメッセージが続きました。

 

司会ももちろんすべて学生さんが担当し、ポスターも毎年学生さんが作ってくれます。今年は、3人の学生さんが作ってくれました。

 

来年のスピコンこそ、全員がゼロホールに集って、ワイワイと楽しめるスピコンになることを願っています。

陳丹華さん作

陳丹華さん作

沙润芃さん作

沙润芃さん作

李志鵬さん作

李志鵬さん作

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.